春から大学生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

一人暮らしを始める方は引っ越しの準備に忙しい頃でしょうか。
ほかにもスーツを買ったり、思い切って髪を染めてみたり...

忙しいながらも新しく始まる学生生活に胸を高鳴らせていることでしょう。


 6425a3c246e2cce50b3a62e2a4fa0420_s


そんな皆さんの大学生活を彩る経験ができるのが、病院×Artプロジェクトです。

当プロジェクトでは学生インターンシップを募集しています。

病院などの医療施設にアートを導入することによって、療養環境の改善を目指す「ホスピタルアート」。
創設者・小泉により2011年から活動が始まり、様々な病院・介護施設に芸術作品を取り入れ、多くの患者さんへ癒しを提供してきました。
テレビ・新聞などのメディアにも取り上げられ、今後も事業規模を拡大し、幅広い活動を行っていきます。
現在は、(株)ソニーマーケティングによる学生ボランティアファンドからの助成を受け、「病院への贈り物プロジェクト」に取り組んでいます。

そんな当プロジェクトを動かしているのは、インターンシップとして採用された京都府内の学生たち。
518桃李庵にて定例のミーティングを行い、アイデアを出し合ってプロジェクトを進めていきます。

活動はメンバーだけではなく、医療施設の方やアーティストの皆さんと進めていきます。
そのため連絡や打ち合わせ等で、人とコミュニケーションを取る機会も多いです。
また、Webページの運営や会計管理などの事務的な仕事もあります。

これらの経験は学生にとっては初めての連続でしんどいときもありますが、将来必ず役立つことです。
プロジェクト内には社会人もいますので、アドバイスを貰うこともできます。
私たちは失敗や挫折をすることもありますが、日々成長を実感しています。

もし、この記事を読んでいる皆さんの中で、

・医療に興味がある
・アートに興味がある
・人の役に立ちたい
・就職に役立つスキルがほしい
・学生生活を有意義に過ごしたい

などと思っている方がいらっしゃれば、ぜひ私たちの活動に参加してみてください。
ミーティングの見学など、日本患者学会の問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。