こんにちは。

今回は、前回の記事に出てきたスペインの建築家、ルイス・ドメネク・イ・モンタネールの建築物について紹介します。

ルイス・ドメネク・イ・モンタネールはスペインのバルセロナにある『サン・パウ病院』を設計しましたね。
(前回の記事を参照ください。)

彼はそのほかにも、『カタルーニャ音楽堂』も設計しました。

『カタルーニャ音楽堂』 (Palace of Catalan Music)

カタルーニャ音楽堂

『カタルーニャ音楽堂』はスペインのバルセロナにあるコンサートホールで、
1905~1908年の3年間にわたり建築されたものです。
1997年に『サン・パウ病院』とともにユネスコの世界遺産に登録されました!

写真からも見てのとおり、すごくきらびやかですね!
世界遺産で音楽鑑賞のできるところは数少ないです。
こんなコンサートホールで有名な音楽家の演奏が聴けることができる人が本当にうらやましくなりますね。

ちなみに、拝観される場合の入場料は12ユーロで、拝観時間が10~13時半までと短いです。
見学に行かれる際には時間にご注意ください。

3月中のコンサートの詳細はこちらをご覧ください。

http://www.classictic.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB/palau_de_la_musica_catalana/1035/

またこちらが公式サイトとなります。
(言語がカタルーニャ語、英語、スペイン語)

http://www.palaumusica.cat/en


スペイン、バルセロナには多くの建築家によってさまざまな建物があります。

日本にもこのような建物物が増えていってほしいなと思いますね。


ライター:佐野 真奈美