image

(参考: 医療学生ラウンジ公式webページ
皆さん、医療はビジネスに成りうると思いますか?

「医療で金儲けを考えるなんて倫理的におかしい!」
「医療従事者は、目の前の患者の命を救うことに全力を捧げるものだ」


そんな声が…もしかすると、あなたや周りの人から聞こえてくるかもしれません。

◼︎今の学生が「10年後の医療をつくる」という思いから

今年3月17日、「医療ビジネスコンテストPerry 2014」が東京で開催されます。

このビジコンで最もユニークな点はこの二つ。

★医療をテーマにした唯一のビジコンであること
★医療系・文理系学生混成チームによるビジネスプランを発表

かくいう私自身も、昨年3月に行われたこのPerry 2013にプレゼンターとして参加しました。

◼︎ビジコン最大の利点は、「理想を実現するための道筋が見える」こと

画像1

(参考: 医療学生ラウンジ公式webページ

私がこのPerry 2013に参加して得た物は、実質参加が三日間だったとは思えない程大きいものでした。

遠方からの参加だったので準備期間にセミナーを受けることは出来ませんでしたが、合宿の三日間頭をフル回転させてプランを詰めました。自分がやりたい事を実現させる事=事業を進めるための初めの一歩、という感覚を掴めむに最適な場所だったと感じています。

プレゼンターとしての募集は既に終了していますが、ぜひ今年のオーディエンスとして参加してみてはいかがでしょうか。一般観覧の応募はこちらから。


ライター: 加藤 さやか