cp1
(参照: http://www.walesonline.co.uk/news/wales-news/cancer-patient-becomes-living-work-6253663 )

もし自分や家族ががんになって、髪の毛が抜け落ちたら…

抗がん剤治療中の人の大きな悩みの一つに、「髪の毛が抜け落ちる」事があります。
治療が終わるまでの間、脱毛した頭は自分や家族にとっては時に受け入れづらいものです。

写真の女性はAlice Roythomeさん。37歳、一児のママです。
彼女は今、ユーイング肉腫という病気と闘っています。

抗がん剤の副作用のために髪が抜け落ちたAliceさんの頭に
ユニークなアートを施したのは、アーティストのEmma Allenさんです。


Emmaさんは、facepaintingという手法で活動しています。
この企画は、マンチェスターのがん研究センター(MCRC)によって行われている‘More Tomorrows’というキャンペーンの一貫です。Aliceさんの他にも3人の女性が、Emmaさんのボディアートを施されています。
ac2
「私の頭に施されたアートは、私の闘病を支えている全ての人々を表しているの。そして、もちろんこのカップケーキは、私の愛する娘を表しているの!娘は自分で焼いてくれるほど、カップケーキが大好きなのよ。」
とAliceさんは語ります。

髪の抜けた頭にボディアートを加えることで、改めて自分を支えている周りの人々へ感謝の気持ちを表すことが出来たのですね。


最後に、Emmaさんが制作した「命の生まれ変わり」をメイクで表した
ショートムービーをご紹介します。


いかがでしたでしょうか。
Emmaさんの哲学を知れば知るほど、彼女の世界にはまってしまいそうです。

(参考:http://www.walesonline.co.uk/news/wales-news/cancer-patient-becomes-living-work-6253663 )

ライター:加藤さやか