image



寒い日が続き、多くの方が外に出るのが億劫だと思われていることでしょう。

しかしその体、いますごくガチガチに固まっているはずです!

冬は体が縮こまっているように感じると思いますが、その通り、ヒトは寒いと筋肉を収縮させます。
筋肉は収縮すると熱を発すので、体温を上げるためにはどうしてもギュッとしたままになるのです。

そうなると体は硬くなり、肩こりや腰痛を引き起こしてしまいます。
冬に限らず、入院などでベッドの上にずっとおられるような方など、体を動かす機会が減っている人はどうしてもそのような筋肉の凝りが原因の体の不調が起こりやすいでしょう。

しかしいきなり運動するとかえって体に負担になってしまいます。
そこでお勧めなのは簡単なストレッチです。

無理のない程度で脚を開いたり、伸ばしたりしてみましょう。
息をふーっと長く吐きながらゆっくりと体を動かしていきましょう。
しばらく体をほぐしただけで体が少し温まってきます。
ではこの調子で次は外に出てみませんか?

(次週に【冬のジョギング・ランニング編】続く)

ライター:平井 晴香