ホスピタルアートなら今の病院を変えることができる。

こんにちは、田中です。

突然ですが、病院と言えば何色のイメージがありますか?
病院に白い壁を思い浮かべる方は多いと思います。

白色は清潔感を与えてくれる色ですが、白一色となると少し冷たい印象を与える場合もあります。

imagesO1S13ICQ

色には、疲れや不安を軽減させてくれるなど、様々な効果があります。
・オレンジ
陽気さや温かさを感じさせてくれます。
・黄

明るさや希望を与えてくれます。

また、脳が活性化し、集中力がアップします。

・緑

心や身体の疲れを癒し、穏やかな気持ちにさせてくれます。

また、頭の回転や記憶を活性化させます。 
・青

気持ちを落ち着かせる効果があります。
・ピンク
緊張を和らげてくれます。

このように、色には様々な効果があります。

最近では淡いピンクや緑、青といった心を和らげる色を用いた病院やクリニックが多くなってきました。

imagesCL68AVID
http://www.sakitaclinic.com/introduction/index.html
色の持つ効果を上手く活用していくことがより良い療養空間につながるのかなと感じます。

(ライター:田中彩菜) 

私たち病院×Artプロジェクトは、ホスピタルアートを取り入れることで患者さんの療養環境の改善を目標に活動しています。ホスピタルアート活動に興味を持たれた方、一緒に患者さんの環境をアートで改善してみませんか?インターンシップ生募集中です!
URL

Facebook 
https://www.facebook.com/hospitalart
Twitter  https://twitter.com/hospitalart
インターンシップの応募はこちらへ。http://patient.sakura.ne.jp/recruit/form_intern