ホスピタルアートなら今の病院を変えることができる。
みなさま、こんにちは。
病院×Artプロジェクトの小泉です。

最近は雨が急に降ったり、何だか変な天気ですね。
もう8月も終わりで、そろそろ秋になろうとは、本当に時間のはやさにはびっくりです。

今回は、今まで病院×Artプロジェクトが行っておりましたお仕事の1つ「患者会会誌への絵の寄稿」
が前回の会誌で切りがつきましたので、少し振り返ってみました。

16hyosi

引用元:
http://www.nanbyo.jp/kaisi/k1.html  (閲覧日8/21)


寄稿しておりました雑誌は、


今までのJPAの仲間の表紙については、こちら(
http://www.nanbyo.jp/kaisi/k1.html)からご覧いただけます。もちろん、ひとりひとりの患者さんに喜んで頂くことも大事ですが、
30万人の患者さんにご覧頂けるということもあって、 病院×Artプロジェクトが大切にしていたお仕事の1つでした。


もし、患者会をされておられ、アートに関するお仕事のご依頼がありましたら、ぜひ病院×Artプロジェクトまでお気軽にご相談下さいませ。


ライター: 小泉雪奈
 

一般社団法人 日本難病・疾病団体協議会JPA)という全国の患者団体の親玉的存在の患者会(なんと、会員30万人!)が会員向けに発行している季刊誌「JPAの仲間」です。 

病院×Artプロジェクトを応援して下さっていますJPAの方とのご縁から寄稿させて頂いておりました。
人とのご縁は大事だなあとよくよく思います。

季刊誌の表紙ですので、季節に合わせた絵やアートの写真を寄稿させて頂いておりました。
特に掲載回数も多く、絵を見た方から、「絵を見て思わず涙が出てきた」という感想を頂いたこともあるのはアーティスト・デザイナーの森本嘉月さんです。
森本嘉月さんは、病院×Artプロジェクトが扱っているお見舞い用絵はがきのデザイナーとしても人気があり、絵はがきはこちらからご購入頂けますので、よかったらどんなものかこちら(http://hands-gallery.com/shop/art-hospital/exhibits/35023)からご覧くださいませ^^

私たち病院×A
rtプロジェクトは、ホスピタルアートを取り入れることで患者さんの療養環境の改善を目標に活動しています。ホスピタルアート活動に興味を持たれた方、一緒に患者さんの環境をアートで改善してみませんか?インターンシップ生募集中です!
URL
Facebook https://www.facebook.com/hospitalart
Twitter https://twitter.com/hospitalart
インターンシップの応募はこちらへ。
http://patient.sakura.ne.jp/recruit/form_intern