あなたは病院にどのようなイメージを持っていますか?
白い廊下、白い壁、白い病室。

   そのような病院こそが、アートを1番必要としている場所ではないだろうか。

     アートには人を癒す力があり、笑顔にする力もある。

        ホスピタルアートなら今の病院を変えることができる。

私たち病院×Artプロジェクトは、ホスピタルアートを取り入れることで患者さんの療養環境の改善を目標に活動しています。
ホスピタルアート活動に興味を持たれた方、
一緒に患者さんの環境をアートで改善してみませんか?インターンシップ生募集中です!
URLFacebook https://www.facebook.com/hospitalart

     Twitter  https://twitter.com/hospitalart

   インターンシップに応募したい方はこちらへ。http://patient.sakura.ne.jp/recruit/form_intern
_______________________________________________________________________________________________________________________________

だんだん秋が近づきつつあるとは言え、まだまだ暑い日が続きます。やはりまだ、クーラーを手放すことは難しいと思われますが、今までに、クーラーのよく効いた空間にいると頭が痛くなったことがある、という経験をされたことがある方も多いはずです。

 1313_aircon-360x3601

http://beautybook01.com/wp-content/uploads/2014/08/1313_aircon-360x3601.jpg

そもそもなぜ頭が痛くなるのか?簡単に言うと、クーラーで冷やされた中の空間と、暑い外の空間との温度差が大きくなることで、体温を調整する体の機能が乱れてしまい、頭痛につながるという仕組みです。30度を超えるような暑い外から、一定の温度に保たれた涼しい室内に入って長時間もいたら、体がおかしくなるのは明らかです。

 

以上のことから、まずは急な気温の変化をなるべく減らすことが予防につながると言えるでしょう。暑い外から室内に入る時は徐々に涼しい環境に体を慣らしていけば体もびっくりせず、体調を崩すことも減っていくと思います。しかし、お店や自宅以外の場所だと室内の温度を調整できませんし、ものすごく冷えたお店などもあって、急な気温の変化を免れることができないケースも多いことでしょう。そんなときのために、カーディガンなどの軽く羽織れるものを用意しておくとうまく調節できます。また、暖かい飲み物を飲んで体を温めたり、お湯にゆっくりと浸かることも大事です。外が暑いからと言って室内からなかなか出ないのもよくないので、たまには外に出て体を動かしたりするのも必要です。

 

クーラーとうまく付き合って、残りの夏を乗り越えましょう!

 

参考:

暑さに伴う頭痛(気温の変化、空調などによる)

http://www.bufferin.net/premium/lesson/weather/heat.htm

クーラー病に頭痛、熱、鼻水、めまい、首などの症状?原因は?

http://beautybook01.com/kura-byou-577