ホスピタルアートなら今の病院を変えることができる
みなさん、ヨーロッパ旅行で大聖堂や寺院めぐりをした方はいらっしゃいますか?
多くの大聖堂や寺院をまわってみると、中には聖母子像や歴史を感じる柱(ギリシャではイオニア式、コリント式、ドーリア式)などがありますよね。また、そこには美しいステンドグラスがあり、多くの観光客は讃美歌を聞きながらうっとり眺めています。私自身、ヨーロッパ旅行に出向いた際、様々な寺院のステンドグラスを見てきて、光の美しさに魅了されてしまいました。その中でもスペインの「サグラダファミリア」のステンドグラスがお気に入りでした!

そこで、このような素敵なものが病院にあったらいいのになって思った方はいませんか?
実はステンドグラスがある病院がなんと“日本”にあったんですよ!

①雪の聖母聖堂(社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院)
病院のステンドグラス

【参考URL】雪の聖母聖堂(社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院)
http://www.pauline.or.jp/visitingchurches/201109_yukinoseibo.php

実はこのステンドグラス、病院の受付ホールにあるんです!このステンドグラスを眺めながら、受付の順番が自分まで来るのを待っていられそうな気がしませんか?もしかしたら自分の名前が呼ばれているのを気づかないかもしれませんね(笑)

②倉敷中央病院「木漏れ日からの発想」
倉敷

sanpo25

【参考URL】倉敷中央病院 http://www.kchnet.or.jp/about_us/sanpo23.aspx

こちらの病院では、患者さんが快適に過ごせるように様々な施設が完備されています。
病院の創設者である大原孫三郎さんは「病院くさくない明るい病院」を目指しており、他にも温室や庭園などもあります。ステンドグラスの「木漏れ日からの発想」は、夏に木の下で休憩しているときに空を見上げようとした瞬間を想像しますね。木の葉っぱと葉っぱの間から漏れてくる太陽の光をステンドグラスを使うことによって、病院内で再現しているのは驚きです!また、こちらの病院では絵画も飾ってるんだとか…もっとこのような病院を日本中に広めたいですね。

③金沢美術工芸大学×金沢市立病院「ホスピタリティアート・プロジェクト」(2010)
1283224044_photo
【参考URL】病院の窓をステンドグラス風に-地元美大生らがアートで貢献
http://kanazawa.keizai.biz/headline/photo/1099/

ちょうど4年前の企画で行われたものです。ステンドグラスではありませんが綺麗ですよね?
こちらの企画は患者さんの生活環境を改善するための取り組みとして行われたそうです。私たち病院×Artプロジェクトと同じような考えを持ち、ホスピタルアートに取り組んでいた結果を見ると、私たちも負けてはいられないですね!

以上、3つの病院を紹介しましたがいかがでしたでしょうか?日本以外にも、スペインの「サン・パウ病院」、イスラエルの「国立ハダサ病院」にも美しいステンドグラスがあります。興味のある方はせひ旅行中に立ち寄ってみてください。
このように、光のアートともいえるステンドグラスを病院に広めることで、患者さんの生活にも彩りの光を照らしていけるといいですね。

(ライター:佐野真奈美)

私たち病院×Artプロジェクトは、ホスピタルアートを取り入れることで患者さんの療養環境の改善を目標に活動しています。ホスピタルアート活動に興味を持たれた方、一緒に患者さんの環境をアートで改善してみませんか?インターンシップ生募集中です!
【URL】
Facebook 
https://www.facebook.com/hospitalart
Twitter  https://twitter.com/hospitalart
インターンシップの応募はこちらへ。 http://patient.sakura.ne.jp/recruit/form_intern