☆私たちホスピタルアート活動に興味のある方へ

こちらからも情報配信しています。

Twitter: @hospitalart      

Facebook: https://www.facebook.com/hospitalart

☆病院×Artプロジェクトのインターンに応募したい方はこちらのURLへ。

http://patient.sakura.ne.jp/recruit/form_intern

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
いつも私たちに夢や希望をあたえてくれるプーさんやアリエルといったお馴染みのディズニーキャラクター。彼らの登場するお話はいつもハッピーエンドに終わります。近頃も「アナと雪の女王」が大変な人気を集めましたね。

しかし打って変わって、ディズニーキャラクター達が人権問題や環境汚染などの逆境に陥るアート作品が大きな注目を集めているのをご存じでしょうか。


efbc98
石油で汚染された海から逃げ出す人魚姫
『リトル・マーメイド / 人魚姫』の主人公アリエルは、珊瑚であふれ熱帯魚が泳ぎまわる美しい海に暮らしている。しかし現実世界のアリエルは、石油流出で汚染された海から必死の形相で逃げ出しているのだ。

efbc94
森林破壊に泣くくまのプーさん
お話の中では広々とした森に住み、いつも愉快な仲間たちと楽しく過ごしているくまのプーさん。
しかし、この画像では木が切り倒された森で1人寂しく泣いている。

911
大気汚染に辟易するムーラン
ディズニーが初めて中国を舞台に描いた「ムーラン」。主人公の勇敢な女戦士ムーランが、大気汚染が大問題となっている現代中国で、マスクをしている姿から力強いメッセージを感じる。

4b042441
はく製にされるバンビ
efbc96
ドラッグ依存症になり、やつれた顔のアリス
230
動物シェルターに収容される101匹わんちゃん
2a4a5025
黒人の多いコロラドに帰るティアナ



ディズニキャラクター達が本来の作品とは異なり、悪夢のような状況にさらされる作品『Unhappily Ever After(その後いつまでも不幸に)』シリーズを投稿しているのはニューヨークを拠点に活動するアーティスト、ジェフ・ホングさん。

ある時ふと「ディズニーの主人公が逆境にさらされたらどうなるだろう?」と思い付き、多くの社会問題を自分のアートに織り込み始めたのがきっかけで、現在に至るまでに16枚の作品があるそうです。

16年以上もディズニー作品にかかわってきた彼は、同社の大ファンだそうですが、人々に夢を与え続けてきたディズニー作品だけに、そこから真逆のメッセージが発せられると、そのメッセージの力強さを痛感せざるを得ないですね。

個人的にはプーさんの泣いている姿になんとも言えない気分になりました。これを機にそれぞれが今社会が直面している様々な問題に向き合ってみる必要があるのではないでしょうか。


リンク先:http://rocketnews24.com/2014/05/23/444206/


(ライター:藤原千賀子)