私たちホスピタルアート活動に興味のある方へ


こちらからも情報配信しています。

Twitter: @hospitalart

Facebook: https://www.facebook.com/hospitalart

病院×Artプロジェクトのインターンに応募したい方はこちらのURLへ。

http://patient.sakura.ne.jp/recruit/form_intern


--------------------------------------------------

 

こんにちは、田中です。

毎日30度超えという暑い日が続き、本格的に夏が来ましたね。

高温多湿なこの時期、食中毒に気を付けなければなりません!



imagesQ6YVELMR

 

 

食中毒の主な原因となるのは、細菌やウイルスです。

細菌が原因となる食中毒は…

・感染型食中毒

 細菌に汚染された食品を食べることで、細菌が体内に入り、腸の中で増殖し、食中毒を起こします。

 

・毒素型食中毒

 食品内で増殖した細菌から発生する毒素を食べることによって食中毒を起こします。

 毒素が耐熱性の場合は、加熱によって殺菌しても食中毒になってしまいます。

 

 

ウイルスが原因となる食中毒は…

・ウイルス性食中毒

 ノロウイルスやA型肝炎ウイルスなどで、冬に発生のピークを迎えます。

 

 

では、食中毒の予防はどうしたら良いのでしょうか。

    食品の購入

衛生管理の徹底した店で、新鮮な物を買いましょう。

生鮮食品のような温度管理の必要な食品を購入したら、出来る限り早く待って帰りましょう。

    家庭での保存

要冷凍・要冷蔵の食品は帰宅したらすぐに冷蔵庫へ。

冷蔵庫に食品を詰め過ぎないように気を付けましょう。冷気が回らなくなってしまいます。

    下準備

洗える食材は水でしっかり洗いましょう。

手やまな板、包丁などの調理器具はこまめに洗うよう心がけましょう。

特にまな板は包丁の傷目に細菌が溜まりやすいので、熱湯消毒をこまめに行うようにしてください。

    調理

加熱して調理する食品は十分に加熱しましょう。

食材を室温に放置してしまうと、細菌が食品についたり増えたりするので、

直前まで冷蔵庫で保管しておきましょう!

    食事

温かく食べる料理は出来るだけすぐに食べるようにしましょう。

冷やして食べる料理は常に冷たくしておきましょう。

    残った食品

残った食品は早く冷えるように浅い容器に小分けにして保存しましょう。

時間がたちすぎたら、食べないで思い切って捨てましょう!

 

 

食中毒を予防するには、

食中毒菌を「付けない・増やさない・殺す」です。

しっかり予防するようにしましょう。

一人暮らしの方は、特に気を付けて、元気に過ごしてください!

 

 

 

 

 

ライター:田中彩菜