ホスピタルアート ~ 病院×Artプロジェクト ~

「病院に笑顔を」「アーティストに仕事を」をミッションに京都・関西を中心に活動する医療福祉施設のアートキュレーションチーム。

ホスピタルアートなら今の病院を変えることができる。

こんばんは、広報の佐野です。
本日は、病院×Artプロジェクトの定例ミーティングの日です!
とうとう来月の説明会まで1ヵ月きってしまいました。
ちなみに説明会とはなんぞや?と思われた方、いらっしゃいますか?

実は、来月病院×Artプロジェクトのインターンシップ生の募集のための説明会を行います。

☆病院×Artプロジェクト~説明会~☆
【日程】11月5日(水)18時30分~20時ごろ
【場所】518桃李庵(同志社大学新町キャンパス付近)
〒602-0065 京都府 京都市上京区東小川通寺之内下ル 518桃李庵 日本患者学会内

【対象】病院環境やアートに興味のある方、大募集!
【申し込みフォームはこちら】
http://patient.sakura.ne.jp/mission/dreamholder/yukina_koizumi/orientation

10723556_729509140461949_1079118412_n

そして今日ついにチラシが手元に届きました!!!




埋め込み画像への固定リンク

これからチラシ配りが楽しみです!みんなで頑張って配ります!

多くの方に来ていただきたいので、興味のある方は友達も連れてぜひ参加してみてください。
みなさま、よろしくお願いいたします。

ライター:佐野真奈美

ホスピタルアートなら今の病院を変えることができる。

 こんにちは!皆様にはどのような趣味がありますか?私は写真が好きなのですが、写真を初めとするデジタル表現が美術に与えた影響について考えたことはありますか??今回は具体的な有名作家を紹介しながらそのようなことについて少し真面目モードで私なりの考察をつらつらと書いていきたいと思います。…的外れなことを言ってしまっていたらすみません。やんわり指摘してください…笑

 

 写真技術の登場により、絵画で現実世界をそっくりそのままに描き出す表現方法の存在意義が危うくなりました。写真で記録を残す方がはるかに正確であるため、個人の記録を残すための手段であった肖像画の存続も危機的状況に追い込まれていきます。そうなると、これまで肖像画を描くことで生計を立てていた作家たちは、写真という新メディアに対抗できるような新たな表現方法を模索するという思わぬ課題を背負うことになってしまいました…。

その状況に対する新たな絵画グループと言えば、いわずもがな「印象派」があげられますよね!彼らはこれまでの、油絵の具を用いて物の質感をよりリアリティーに描くことを追求する表現ではなく、対象物を大まかに捉える表現方法を編み出しました!!当時の印象派絵画は非常に顰蹙買っていたらしかったですが、現代では一二を争う程の人気絵画ジャンルですよね。やはり人間はこれまで馴染みのないような、前人未到のことに対しては警戒心のようなものが働くのでしょうかね…?

とまあ、このように印象派を初めとし、様々な工夫を凝らすことによって、写真表現との差別化を図り、絵画美術は大きな壁を乗り越えようとしました。

 
 写真表現という面でも大きな発展があります。例えば、ウォルター・デ・マリアやヨゼフ・ボイスは、物や人間と、自然世界の関係性を写真で表現しています。

 

aaaaaaaa
ウォルター・デ・マリア『 The Lightning Field
1977. Long-term installation in Western New Mexico.
Photo: John Cliett. Copyright Dia Art Foundation.

 これは単なる肖像写真のような作品ではなく、ある種のパフォーマンスとしての写真表現と言えますね!このような活動とほぼ同じ頃には、美術の世界でも一回性を重視するようなハプニングの形をとる表現方法が確立されていきます。私はハプニングといったら草間弥生がまず出てきます…が、今回はリチャードロングについて紹介します。彼は作品を作成する過程の記録を写真に収めることによって、鑑賞者に作成過程の追体験を経験させることを可能にしました!前述した一回性とは全く逆の発想ですね!!

写真よりも上手に当時の様子を再現できるものといったら、映像!ですよね。この映像技術の発達は幾つものインスタレーション作品を生み出すきっかけになります。例えばウディ・チコのビデオを用いたインスタレーション作品はプロジェクションマッピングという形で発展をし、作品がキャンバスの外へと飛び出し、大きく屋外に現れるようになりました!

bbb
 クシュシトフ・ウディチコ『Projection in Hiroshima  


このように美術界は、壁にぶち当たる度にそれを柔軟に乗り越え、後世に影響を及ぼしていくことで発達を繰り返してきました。まさに人間の生み出す文化力ですよね!!かっこいい!!!

また、少し話が前後いたしますが、昔ながらのギリシャ神話を描くような奥深い美術ではなく、非常に表面的で内容の薄い美術として捉われやすい(印象派に似ているような…)表現をしている作家も存在します。カースティン・ヒルやヴァネッサ・ビークロフトが代表的人物に挙げられます。しかし、このようなほぼ何でもありの中で、映像表現と戦うために差別化、個性化を図るアーティストは非常に苦しいですが、鑑賞者もまた苦しいですよね…。このような動きが現代アートの難解度を深めることにより、訳が分からない、伝わりづらいような作品の流れを作り出しているように感じます。美術は分かる人だけが分かればよい分野なのでしょうか…?うーん。頭が痛くなってきます…。しかし、美術動向が理解できれば世界が本当に面白くなると思います。そのような鑑賞者の世界観を大きく覆すような壮大な仕事をしているアーティストも理解者が存在しなくては活動も難しいですよね。複雑です。

 


【参考・画像引用元】

Dia Art Foundation

http://www.diaart.org/sites/main/lightningfield (2014.10.10閲覧)

 「クシュシト・ウディチコ」

http://nakaguma.df-cue.com/note/art/2006/10/13/p_122/ (2014.10.10閲覧)

 


ライター:羽田綾芽

私たち病院×Artプロジェクトは、ホスピタルアートを取り入れることで患者さんの療養環境の改善を目標に活動しています。ホスピタルアート活動に興味を持たれた方、一緒に患者さんの環境をアートで改善してみませんか?インターンシップ生募集中です!
【URL】
Facebook 
https://www.facebook.com/hospitalart
Twitter  https://twitter.com/hospitalart
インターンシップの応募はこちらへ。 http://patient.sakura.ne.jp/recruit/form_intern

ホスピタルアートなら今の病院を変えることができる。

こんにちは、広報の佐野です!

秋といえば京都は紅葉のライトアップが綺麗ですよ。
秋の紅葉とライトアップ2014(http://www.iyashibox.com/season_info/koyoup2013.htm)
とくに清水寺のライトアップはとてもおすすめです。11月は清水坂がライトアップなどで観光客による大渋滞が起こりますが、それを無事に乗り越えた後には紅葉と光の綺麗な風景が待っていますよ!

そんな幻想的な京都の秋に、私たち病院×Artプロジェクトはインターン生を募集します。ホスピタルアートに興味のある方、病院を癒しの空間に変えてみたい方、私たち病院×Artプロジェクトに興味はありませんか?

私たちは、学生×社会人メンバー10人程で活動しております。
私たちは京都市内を拠点に活動しており、毎週1回のミーティングを行っております。今までのミーティングの活動の様子は、ブログやTwitterにも掲載されていますので、ぜひ探してみてくださいね!
最近では病院への訪問活動なども行いました!
【Twitter】https://twitter.com/hospitalart
【ブログ】http://art-hospital.blog.jp/

ホスピタルアートに興味をお持ちの方、参加してみたいと思われた方は、こちらのURLから応募フォームのほうへお願いします。
【URL】http://patient.sakura.ne.jp/recruit/form_intern

一度活動の様子を見てみたいと思われる方もぜひご連絡ください。
たくさんの応募お待ちしております!!!

そして本日の写真は、私たち病院×Artプロジェクトの新しいロゴマークになります。


どうですか?ちなみにこの花は梅の花です!

ライター:佐野真奈美


ホスピタルアートなら今の病院を変えることができる。


こんにちは、広報の佐野です。

最近では、台風も過ぎ去ったと思いきや、予報ではまた今週末にも台風が本州に向かっているという情報が入ってきており、なかなか秋の気持ちいい空気を味わうことができませんね。しかし、今日の夜は皆既日食を見ることができました!帰り道では、多くの人が月に向かってカメラをとっているのが印象的でした。

では、今週のブログTOP記事の発表です。
1.妊婦さんの味方!陣痛タクシーとは?
maternity_mark
2.休日はみんなで元気をチャージしよう!
P1011071
3.ディズニーキャラクターが訴える社会問題
efbc98

【また新着記事がこちら】

(ライター:小泉雪奈)

「ダーク」で何も見えない空間。あなたはどんなものをイメージしますか?
お化け屋敷や明りのない夜の帰り道でしょうか?
「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」興味のある方にはおすすめの記事です!

過去にも様々な記事を投稿していますので、ぜひぜひ読んでみてくださいね。

ライター:佐野真奈美

私たち病院×Artプロジェクトは、ホスピタルアートを取り入れることで患者さんの療養環境の改善を目標に活動しています。ホスピタルアート活動に興味を持たれた方、一緒に患者さんの環境をアートで改善してみませんか?インターンシップ生募集中です!
【URL】
Facebook 
https://www.facebook.com/hospitalart
Twitter  https://twitter.com/hospitalart
インターンシップの応募はこちらへ。 http://patient.sakura.ne.jp/recruit/form_intern

ホスピタルアートなら今の病院を変えることができる。

こんにちは。今回はですね、また、新たな「セラピー」なる物を紹介したいと思います。いやはや、最近はなんでもかんでもセラピーを付けたらそれっぽくなるような気がして、なんとなくモヤモヤします・・・。

とまあ、個人的な意見は置いておいて、笑

「フィトセラピー」(植物療法)というものを聞いたことがありますか?

一般社団法人フィトセラピー協会によりますと、「植物の癒しの力を用いて、私たちが生まれながらに持っている自然治癒力に働きかけて病気を予防したり、治療する療法」だそうです。

そしてこのフィトセラピーは、ハーブ(薬草療法)、アロマセラピー(芳香療法)、バッチ博士の花療法、森林療法(植樹)、園芸療法、フィトケミカル栄養学に基づく食療法といった広範囲に及ぶ植物療法の総称をさすようです。

ちなみに、私の祖父母の家が、花と野菜を作る兼業農家であることもあり、幼いころから土いじりというか、その類のことが好きで、一人暮らしをしている現在は、家に観葉植物を置いています。やはり自身の生活空間に緑があることによって心が安らぐと感じます。私のおすすめは「ハイドロカルチャー」(水耕栽培)というものです!これは土を用いずに植物を育てるものです。大きなメリットとして、臭いが少ない、虫がわかない、汚れない事が挙げられます。土の代わりに水分と空気を保持することのできるレカトンというものを用いるため水やりも週に一度程度ですむので、観葉植物初心者にも大変お勧めです!!

IMG_20141007_162228

パキラです。非常に育てやすいです。花言葉?は勝利だったような。
 
IMG_20141007_162659


こちらは、プミラ!!小さな葉がかわいらしい印象です。
「あなたを元気づける」とかそんな感じの言葉を持つので、贈り物にもいいかもしれません

話が大分それてしまいましたが、自然の力は本当に偉大でありますね!!

 


【参考URL】 
「ソフィアフィトセラピーカレッジ」
www.sophia-colledge.jp/phyto/ (2014.10.7閲覧)

 ライター:羽田綾芽

私たち病院×Artプロジェクトは、ホスピタルアートを取り入れることで患者さんの療養環境の改善を目標に活動しています。ホスピタルアート活動に興味を持たれた方、一緒に患者さんの環境をアートで改善してみませんか?インターンシップ生募集中です!
URL
Facebook https://www.facebook.com/hospitalart
Twitter https://twitter.com/hospitalart
インターンシップの応募はこちらへ。 
http://patient.sakura.ne.jp/recruit/form_intern


ホスピタルアートなら今の病院を変えることができる。


「真っ暗闇」

プレゼンテーション1

みなさん、いかがですか?

暗闇はこわいでしょうか?それとも、わくわくしますか?

本日、ご紹介致しますのは、真っ暗闇空間が楽しめるエンターテイメント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」(以下DID)です。

こちらのDIDは、視覚障害の方が、アテンドをして下さり、暗闇の中を手探りで、探検するというものです。

本当に真っ暗で、何も見えない状態で、小1時間ほど過ごします。

普段視覚に頼りがちな中で、恐る恐るものを触ったり、食べ物を食べてみたりする体験は、普段の生活の中ではできないもので、とても神秘的なものです。

私は数年前に1人で体験してきましたが、その時の身体全体の感覚は、今でも覚えております。
まるで、プールの中で水にゆらゆら揺られている感覚と言いましょうか…。
自分の周りの空気が、とても親しみのあるものとして感じられました。

エンターテイメントとしても素晴らしいものですが、プラスして、この企画に魅力を与えるのが、視覚障害者ならではの、能力を生かした企画だということです。

「病気や障害があっても、その人ならではの長所を生かして仕事ができる世の中」を健全だと考える私にとっては、実に未来を示してくれるものだと思います。

私は、そんなDIDを、一人勝手に、京都に誘致できないだろうか…と夢をみております。
どなたか一緒にして下さる方はおられませんでしょうか…。

今は11月3日まで、DIDにて、身体感覚を磨く「秋の大運動会」が行われておりますので、行ってみたいという方がいらっしゃいましたら、ぜひ!

一人でも、複数人でも参加できますので、みなさまぜひ、一度ご参加くださいませ。

ダイアログ・イン・ザ・ダーク
http://www.dialoginthedark.com/

ライター:小泉雪奈

私たち病院×Artプロジェクトは、ホスピタルアートを取り入れることで患者さんの療養環境の改善を目標に活動しています。ホスピタルアート活動に興味を持たれた方、一緒に患者さんの環境をアートで改善してみませんか?インターンシップ生募集中です!
【URL】
Facebook 
https://www.facebook.com/hospitalart
Twitter  https://twitter.com/hospitalart
インターンシップの応募はこちらへ。 http://patient.sakura.ne.jp/recruit/form_intern

ホスピタルアートなら今の病院を変えることができる。

こんにちは、広報の佐野です!

ここ最近、ますます秋に近づいているなと感じるぐらい夕方は肌寒くなりましたね。京都ではあと1ヵ月で紅葉シーズンに入るので、これから木が少しずつ黄色く変化していくのがこのごろの楽しみです!

そしてこの秋、私たち病院×Artプロジェクトはインターン生を募集しています。
ホスピタルアートに興味のある方、
病院を癒しの空間に変えてみたい方、
私たち病院×Artプロジェクトに興味はありませんか?

私たちは、学生×社会人メンバー10人程で活動しております。
私たちは京都市内を拠点に活動しており、毎週1回のミーティングを行っております。今までのミーティングの活動の様子は、ブログやTwitterにも掲載されていますので、ぜひ探してみてくださいね!
【Twitter】https://twitter.com/hospitalart
【ブログ】http://art-hospital.blog.jp/

ホスピタルアートに興味をお持ちの方、参加してみたいと思われた方は、こちらのURLから応募フォームのほうへお願いします。
【URL】http://patient.sakura.ne.jp/recruit/form_intern

一度活動の様子を見てみたいと思われる方もぜひご連絡ください。
たくさんの応募お待ちしております!!!


写真: こんにちは!広報の佐野です。

先日は病院×Artメンバーで旅行へ行ってきました。
日々の活動で見ているメンバーとはまた違った顔を見ることができて新しい発見もできて楽しい思い出になりました。下の写真は愛知県の花ばたけで撮った写真です。花ばたけ一面にはひまわりが咲いていて、別の土地ではボタンの花が咲いていました。これからの時期はコスモスがきれいに咲きますよ!

そんな楽しく活動している私たちも現在インターン生募集中です!
私たちの仲間になってホスピタルアートを日本中に広げていきませんか?患者さんが笑顔になれるような空間を作り上げていきませんか?

私たちメンバーは大学から社会人まで幅広く、毎週1回のミーティングを行っております。今までのミーティングの活動の様子は、ブログやTwitterにも掲載されていますので、ぜひ探してみてくださいね!
【Twitter】https://twitter.com/hospitalart
【ブログ】http://art-hospital.blog.jp/

☆ホスピタルアート、病院×Artプロジェクトに興味をお持ちの方や参加してみたいと思われる方は、こちらのURLから応募フォームのほうへお願いします。
【URL】http://patient.sakura.ne.jp/recruit/form_intern

たくさんの応募お待ちしております!!!(佐野)

ライター:佐野真奈美

こんにちは。

今日から10月ですね!!秋です!芸術の秋ですよー!!

ということで、今回は横浜で行われている芸術祭を紹介したいと思います。


…その前に、トリエンナーレとは何ぞや?ということで、まずはここの整理を簡潔にしておきたいと思います。

トリエンナーレは、3年に一度開催されるアートイベントのことを指します。(そうです。つまり今回を逃したら次回お目にかかる事が出来るのが3年後になってしまうのです…!!)

これと似てしばしば用いられる用語に「ビエンナーレ」という言葉があります。こちらは2年に1度開催されるイベントのことを指します。


では本題に入ります。

yokotori
Gimhongsok


今年で
5回目の開催となるヨコハマトリエンナーレ2014は会期が201481()113()のおよそ4ヵ月間になります。あと2ヵ月間のチャンスです!!

テーマは「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」という文言です。これは、アメリカのSF小説家であるレイ・ブラットベリの著書である『華氏451度』がもととなっています。華氏451度は摂氏233度のことであり、紙が燃えてしまう温度のことです。展示されているアート作品の中の一つにこの本が積み上げられている作品があります。こちらも一見の価値ありです。


会場は、横浜美術館と、新港ピア(新港ふ頭展示施設)の二か所で開催されています。この区間は無料シャトルバスが出ているので、アクセスの不便はないように思います。


横浜市は1859年に開港をし、日本で初めて外国文化を受け入れた都市と言われています。そのようなこともあり、ヨコハマトリエンナーレは、文化庁のサポートがバックについています。また担当者さんの話によると、総事業費にはおよそ10億円程度のお金がつぎ込まれているそうです!そう考えるとこの都市型の芸術祭は、愛知県のように文化芸術の展示会としての枠内ではなく、創造都市政策の一環としての大プロジェクトであることが分かります。

そんな日本を代表するアートイベントに行かずしてどうするのでしょうか?!…はい!!いってらっしゃい!!!!笑


画像引用元:http://www.yokohamatriennale.jp/2014/index.html
(2014.9.30アクセス)

ライター:羽田綾芽

 

 

 

 

 

ホスピタルアートなら今の病院を変えることができる。

以前取り上げた「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」。ようやく今月の30日から京都市美術館で見ることができます。6月28日から今月の15日まで世田谷美術館で東京展が行われていましたが、来場者が15万人を超えました。

 

ここで、今回の目玉をおさらいしておきましょう。

 Claude_Monet-Madame_Monet_en_costume_japonais

クロード・モネの「ラ・ジャポネーズ」ですモネは、大の日本愛好家であったのですが、彼が日本の小物を取り入れて描いた日本趣味絵画はこの作品のみだと言われています。そして今回、1年に及ぶ修復作業が行われ、今回の展覧会で修復後世界初公開となります。

 

今月の30日から京都美術館、来年の1月2日からは名古屋ボストン美術館で開催されます。ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。詳しくは「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」ホームページhttp://www.boston-japonisme.jp/top/をご覧ください。


ライター:金武裕希

私たち病院×Artプロジェクトは、ホスピタルアートを取り入れることで患者さんの療養環境の改善を目標に活動しています。ホスピタルアート活動に興味を持たれた方、一緒に患者さんの環境をアートで改善してみませんか?インターンシップ生募集中です!
【URL】
Facebook 
https://www.facebook.com/hospitalart
Twitter  https://twitter.com/hospitalart
インターンシップの応募はこちらへ。 http://patient.sakura.ne.jp/recruit/form_intern

ホスピタルアートなら今の病院を変えることができる。

こんにちは、広報の佐野です!

私たち病院×Artプロジェクトはインターン生を募集しています。

ホスピタルアートに興味のある方、
病院を癒しの空間に変えてみたい方、
私たち病院×Artプロジェクトに興味はありませんか?

私たちは、学生×社会人メンバー10人程で活動しております。
メンバーは大学1年生から3年生まで幅広く、毎週1回のミーティングを行っております。今までのミーティングの活動の様子は、ブログやTwitterにも掲載されていますので、ぜひ探してみてくださいね!
【Twitter】https://twitter.com/hospitalart
【ブログ】http://art-hospital.blog.jp/

☆現在、私たち病院×Artプロジェクトでは、現在インターン生を募集しております。興味をお持ちの方や参加してみたいと思われる方は、こちらのURLから応募フォームのほうへお願いします。
【URL】http://patient.sakura.ne.jp/recruit/form_intern

たくさんの応募お待ちしております!!!

hospitalart422


ライター:佐野真奈美