ホスピタルアート ~ 病院×Artプロジェクト ~

「病院に笑顔を」「アーティストに仕事を」をミッションに京都・関西を中心に活動する医療福祉施設のアートキュレーションチーム。


看板制作委託事業をさせて頂きましたグループホームてらど様で新企画を始めました。

f:id:cupid-project:20120730162909j:image

利用者様にお好みの花をヒアリングし、その花を描いた絵をプレゼントいたします。
こちらの企画をして頂いておりますのは、京都嵯峨芸術大学で油絵を勉強されている三好さんです。
利用者様の笑顔を拝見すると、やはり嬉しいですね!





こんにちは、代表小泉です。

f:id:cupid-project:20120804193214j:image

7月15日に開催された同志社生があつ~い志を語る「志コンテスト」にて、38人の応募者の中…最優秀賞の新島賞を受賞をいたしました!

「人生最後の日に訪れられる美術館」というタイトルで、わたしたちの活動についてお話させて頂きました。

今回のイベントは京都新聞さんにも掲載して頂きました。
11月の同志社大学のイベントでも、またスピーチをさせて頂きます。
同志社の先輩方との更なるご縁が楽しみです!





代表小泉です。
毎度お馴染み、JPAの仲間に表紙掲載して頂きました。
f:id:cupid-project:20120615184110j:image

一般社団法人日本難病疾病協議会発行の会誌「JPAの仲間」の春号で、掲載写真は、京都造形芸術大学を卒業された中江愛さんの染色作品の写真です。
中江さんとの出会いは、私が、今年の卒展見学で声をおかけしてから。作品に広がる大きな桜は、とてもきれいで、外で見る桜にも負けないくらい美しく咲き誇っていました。春という季節の一番艶やかな瞬間を切り取ったようでした。

この素敵な作品をもっと多くの方に見て頂きたいと思い、この度、掲載させて頂きました。





看板コンペティションを実施しました、グループホームでコンペ参加芸大生による作品展を実施します!
入場無料。ぜひぜひ来て下さいね。

f:id:cupid-project:20120615180147j:image

日にち  6月23日・24日
時間帯  10:00~17:00
場所   グループホームてらど 森羅万象スペース
     阪急東向日駅西改札口より徒歩5分
参加アーティスト 木下栞(京都市立芸術大学)
         東條理沙(京都精華大学)
         三好香織(京都嵯峨芸術大学)
主催   病院×Artプロジェクト





みなさん、こんにちは!
病院×Artプロジェクトメンバーの加藤と申します。

ご報告が遅れてしまいましたが、
先日行った「グループホームてらど」看板制作コンペの表彰式の様子をお届けします(^^)

f:id:cupid-project:20120520130522j:image






グループホームてらど看板制作コンペの受賞された三人に、てらどや制作した看板への思いをインタビューしました!
三人三様の想いをご紹介させて頂きます(^^)

☆最優秀賞 木下栞さん(京都造形芸術大学3年)
 この度は、たいへん名誉な賞をいただき、心より感謝しています。また、誰かの役に立つ作品がつくりたいと思っていた私にとって、大きな第一歩となりました。施設や関係者の方々、病院×Artプロジェクトの皆様、本当にありがとうございました。
 今回、看板を制作させていただくにあたり、私は、「和と自然」を基調にアイデアをだしました。というのも、てらどさんの建物は、木目の美しい柱や、落ち着きのあるナチュラルな色合いの床が使われていたり、綺麗に手入れされた花壇があるなど、自然の持つ美しさを多く取り入れた癒しの空間だったからです。そんな空間にいつまでも寄り添い、利用される方々を長く見守れる看板にしたいなと思い、素材には天然の桑の木と漆を使い、字も手で書かせていただき、「和と自然」に、ちょっぴり「伝統」の要素を加えた、唯一無二の看板となりました。
 しかし、木も漆も天然素材なので、どうしても風化してしまいます。が、漆は何度でも塗り直して使うことができ、その度に美しさに磨きがかかります。その塗り直しも私がさせていただきます。
 看板が完成しても、私と皆様の関係は続いていく。完成がゴールではないところが、この看板の醍醐味ではないでしょうか。
これからも長いお付き合いになると思いますが、どうぞよろしくお願いします。

★優秀賞 三好香織さん(京都嵯峨芸術大学2年)
 当日、初めててらどに訪問致しましたが、とてもきれいであたたかい場所で、初めて来たと思えないほど居心地の良い空間でした。今回、私はひまわりをモチーフに、施設の方々にこの花ような笑顔になっていただきたい、という思いで看板デザインを考案致しました。また別途で、花の絵の作品を制作させていただくことになり、大変光栄です。
 次回、新たな看板を掲げたてらどに訪問するのが楽しみです!


★優秀賞 東條理沙さん(京都精華大学2年)
 私は新しい物を作りたくて作品を作ってます。今回の看板のデザインも形から丸々クジラで見た感じでは『何じゃこりゃ』と言う驚きだと思います。そんな驚きと面白さを大事に今後も絵を描いていきたいです。今回は本当に賞を取れて嬉しかったです。いつも自分の作品に自身が持てなかったので少し自信がつきました。ありがとうごさいました。





こんにちは、病院×Artプロジェクトメンバーの村上です。

ご報告が遅れてしまいましたが、以前お伝えしていました、私達が参加させて頂いていた京都市の助成プロジェクト、輝く学生応援プロジェクトの成果報告会が3月25日に行われました。

当日は1年間共に頑張ってきた他団体と共にプレゼンをさせて頂きました。
病院×Artプロジェクトは1番目の報告。
緊張の中、代表の小泉を中心に稲田と3人で1年間の振り返りの報告をしました。
個人的な感想ですが、報告の中で小泉がメンバーや関わってくださった方への感謝の気持ちを述べていて、とても感動しました。
やはり何をするにしても、周りの助けや協力というものはとても大きく、いつでも感謝は忘れないように伝えたいと改めて感じました。
他団体の成果報告も素敵なものばかりで、学ぶものも多かったです。

全ての団体の報告、時期助成事業の説明を終えると、表彰式が行われました。
病院×Artプロジェクトはなんと!
優秀賞を頂きました!
これも、1年間ご協力頂いた芸大生の方や、施設関係者様、
アドバイスをくださった、学生Place+のコーディネーターや周りの方々、
また、応援してくださったみなさまのおかげです。
本当にありがとうございます!

全てのプログラム終了後は、片づけをしながらも、他団体の方や観客の方々、審査員の方々などと交流もでき、
私達の団体のことをより知ってもらう機会がもてました。

応援してくださっている皆様、また、関わってくださっている皆様、ありがとうございました。
新年度が始まっていますが、仲間も増やしながら、これからもがんばっていきたいと思うのでよろしくお願いします!





こんにちは、代表の小泉です。

ご報告が遅れてしまいましたが、先日グループホームてらど看板コンペの施設見学ツアーを行いました!

芸大生6名の方に参加して頂きました。
まずは、施設代表の方のお話を聞いて頂き、そのあと施設見学をして頂きました。
みなさまイメージが湧いてよかったとのことでした。
実際の場所を見ること、そこで普段過ごしている人の話を聞くことは大事ですね。

f:id:cupid-project:20120314163633j:image

最後はみんなで記念撮影。

帰りには、参加者の方と向日町の激辛商店街に行って参りました。
激辛商店街には、激辛ラーメン、激辛クレープ…色々ありますが、私たちが選んだのは、激辛坦々麺でした。
とても辛かったです…。

ぜひみなさま、向日町に行くことがあれば、激辛商店街にも行ってみて下さいね。

また看板デザインなどが決定しましたら、ブログ・facebookにてご報告させて頂きます!

土井医院http://www.doiclinic.net/
激辛商店街http://www.kyoto-gekikara.com/





┏━━【病院Art★3月25日】仲間と共に、1年振り返りプレゼンやります★┗━━

こんにちは、代表の小泉です。
病院Artを始めてからのこの1年は、京都市の輝く学生応援プロジェクトから助成を得ながらのスタートダッシュとなりました。
この助成プロジェクトは、京都のまちのために、社会貢献活動を行う学生のグループを対象としたもので、病院Artの他にも、京都学生演劇祭実行委員会や若者へのキャリアセミナーを行う京都POSSEなど様々な学生団体が助成を得ています。

そして、この3月25日、共に切磋琢磨してきた他団体の仲間たちと1年間の報告会を行います。京都のまちのために様々な活動を行う熱い学生が1年間の成果と自分たちの想いをプレゼンします。

先着50名までなので、お申し込みはお早めに!
当日に来場者のみなさまに選んで頂く、共感賞も設けられておりますので、ぜひ来て頂ければと思います♪

当日、みなさまと会場でお会いできるのを楽しみにしております。

★参加お申し込みはこちらから★→【http://bit.ly/xxuGyV

・・・
時間:3月25日(日)13:00~16:30
場所:輝く学生応援プロジェクト 
   学生Place+ 交流スペース(キャンパスプラザ京都1階)
参加費:無料

プログラム                                
13:00~ 平成23年度助成事業概要
13:10~ 学生団体による成果報告
15:25~ 共感賞への投票・審査
15:40~ 平成24年度助成事業説明
16:05~ 表彰式・審査委員による講評

★参加お申し込みはこちらから★→【http://bit.ly/xxuGyV





向日市のグループホームてらどの看板制作コンペを行います!

「グループホームてらど」は、在宅療養支援診療所土井医院のグループ施設で、昨年オープンしました。土井医院は、地域に根ざした医療を理念とし、施設の中に地域の多目的スペースを設けるなど地域の方に親しみをもってもらえる施設を目指しています。

てらどは昨年建てられた新しい施設のため、地域の方にもっとてらどのことを知ってもらおうと、今回、看板制作コンペを行うことにしました。

地域の方に親しみをもってもらえる看板デザインをお待ちしております♪

詳細は、下記の募集要項をご覧ください。

エントリー締切:3月14日
応 募 締 切 :3月31日
※応募の前にエントリーが必要です。

エントリー
http://patient.sakura.ne.jp/recruit/terado

募集要項
http://patientsacademy.jp/hospitalart/bosyu.pdf

応募用紙
http://patientsacademy.jp/hospitalart/terado.pdf

みなさまのご応募お待ちしております!

土井医院 http://www.doiclinic.net/





みなさん、こんにちは。
代表の小泉です。

この度、向日市のグループホームてらどさんにて、施設の看板制作コンペを開催します!

「グループホームてらど」は、在宅療養支援診療所土井医院のグループ施設で、昨年オープンしました。土井医院は、地域に根ざした医療を理念とし、施設の中に地域の多目的スペースを設けるなど地域の方に親しみをもってもらえる施設を目指しています。とても素敵な施設で、私どももファンになりました!

開催にあたって実施します施設見学ツアーは施設の雰囲気や施設の方の話を聞けるチャンスとなりますので、ぜひご参加頂ければ嬉しく思います。
施設付近地域もご覧頂きたいので、ツアーは施設近くの東向日駅からスタートします。

開催日程は、
3月14日(水)13時40分~
当日は阪急東向日駅西改札口前にご集合下さい。

ツアーにご参加頂ける方、またはツアー参加は難しくともコンペにご興味持って頂けた方は、
(病院×Art学生プロジェクト:h.cupid.d@gmail.com)までご連絡下さい♪



宜しくお願いします。

土井医院(http://www.doiclinic.net/